おしらせ

what's new

新年のご挨拶 ~大人化のサポートへ向けて~
category:おしらせ

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は「企業」に向けた事業を展開してきましたが、
今年の目標としては「個人」に向けたソリューション
を提供したいと思っています。

キーワードは「大人化」

長く若者の「幼児化進行」が問題視されていましたが、
様々な制限が解放されていく今年以降は、今までと逆の
「大人化」に向かうと考えています。

私が子どもの頃(40年ほど前になりますが…)には
「早く大人になりたい」と思っていた人が多かったかと
思います。もちろん全員ではありませんが、私自身も
とにかく働いて独り立ちして、いかにして家を出るか?
一人暮らしを始めるか?みたいなことをよく考えていた
ものでした。

ファッションを見ても、私の中高生時代は上着をズボンや
スカートの中に入れており、それは腰の位置を高く見せる
効果があったからだといわれています。人は腰の位置が
高いと大人っぽく、低いと子どもっぽく見えるそうです。

そういったことを踏まえ、1990年頃から2000年前半頃に
男子中高校生の間で流行った「腰パン」は、「大人になり
たくない」という意識の表れのひとつであると、当時の
ニュースで心理学者が話していました。

また、ヒップホップから流行ったこともあり、上衣も
オーバーサイズが主流でしたが、ある意味ダボダボ感の
ある服装は、大人よりも子どもに見えるように感じます。

まあ、私の中高生時代にも「今日から俺は!」や「ビー
バップハイスクール」などでも馴染みのある「ドカン」
「ボンタン」という太めの変形学生服もありましたので、
一概には言えないものの、シルエットはかなり違う印象
かなと思います。

そうした中、最近はタックインと呼ばれる、トップス
(上衣)の裾をパンツに入れる着こなしがはやり始めて
いるとのこと。ただし、きっちりした印象にはならない
ようにするのが、ファッションとしてのコツらしいので、
私の頃とは少し違うものにはなっています(;^_^A

ただ、ベルトの位置は骨盤上または、それよりも上の高さ
で巻くのが良く「いつもよりやや高いと感じる方もいるか
と思いますが、タックインによるスタイルアップを狙うには、
骨盤以上の高さがベストです」とタックインの着こなしを
アドバイスしているサイトに「腰の位置」と明確に書いて
ありました。

さらに、タックインのメリットとして
・ 大人っぽく、キレイめな印象を作ることが出来る
・ 足を長く見せることができ、スタイルアップできる
・シンプルな着こなしも、お洒落見えする

といったことを挙げており、やはり大人っぽさというのは
意識されていると感じました。

「大人化」という意味で加えて言うならば、外出がこの
2~3年間制限されたこともあり、家での時間が長くなった
ことから、逆に家から出たいという意識が大きくなってきた
のではないかと感じています。ある統計によると、大学生の
約3人に1人はひとり暮らしをやめたくなったとの調査結果が
あります。

理由は主として「オンラインのためひとり暮らしをする必要性
がなくなった(57.1%)」ということなので、対面授業が再開
されると、もしかしたらその反動で家を出て1人暮らしを始め
たいと思う学生も増えるかもしれません。まだ私の仮説では
ありますすが、こういった傾向から、今後は「大人化」を意識
する若者が少なからず増えるのではないかと考えています。

しかし、実際「大人」を目指そうとすると、色々な不安が出て
くると思います。
その不安を解消できるようなサポートをしていくというのが、
私の今年の目標であり、個人向けのサービス提供です。

まだ、不明瞭な部分もありますが、この辺りを中心に今年の
事業展開を実施していきたいと思いますので、ご興味のある方
は今後の投稿に注目いただけたら幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2023年1月1日
野末岳宏

  • メールマガジンのご案内
  • 子育て・起業・就活に役立つ情報を
  • 講座・セミナーのご案内
  • E-Z-ON主催の講座・セミナーのご案内です
  • おすすめ商品
  • といふだキッズカードや適性診断アセスメント等、あなたもお子様も輝くアイテム勢揃い!
  • ブログ
  • E-Z-ON株式会社代表のblogはこちらから

あなたの欲しい輝きはどれですか?

  • キラキラ子育て
  • イキイキ就活
  • ワクワク起業