JPの徒然なる“まま”に

blog

本日は創立記念日
category:おしらせ

おかげさまで当社は7年目までコマを進めることができ、
今日から8年目がはじまります。

昨年は、新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言
が発出され、学校や企業からの研修中止が相次ぎ、ほぼ
仕事がゼロに・・・。
相当、冷や汗をかきましたが、皆さまに支えていただき、
何とか年度末には、売上げも対前年比増となりました。

この場をお借りして、あらためて御礼申し上げます。

ということで、ようやく創立年数も2ケタが見えてきま
した。これからも質の高い教育を、ひとりでも多くの
方々に、お届けしたいと思っております。

さて、今後ですが、昨対比増益になったとはいえ、1月
に発出された2度目の緊急事態宣言でも、やはり学校から
のキャンセルがあり、まだまだ予断を許さない状況に
あります。

そこで、あらたなチャレンジをしていきたいと思います。
これからを乗り越えるには、今までどおりのことだけでは
加速が足りないだろうと考えております。

そこで、新規の取り組みとして以前から考えていた
「かもしれない力」の展開を進めてまいります。

人が幸せを感じるのは、幸せの真っ只中よりも、実は、
おみくじ で大吉が出た時などの
「これから幸せがやってくる(かもしれない)」
という予感にひたっている時の方が多いのではないか?
そんなところから、この構想は始まりました。

実際の幸せを運んでくるのは「自分」と「他者」、
そして「神様」です。
「自分」が理想の未来を描き、「他者」とのご縁を深める
ことで、「神様」がちょっぴり力を貸してくれる。
『かもしれない力』を通して、相談者が理想の未来を描く
きっかけをつくっていくのがこの企画
です。

一昨年前から力を入れているSDGsのボードゲームは、
コロナ禍でリアル開催を控えていたのですが、この一年
でオンラインでの提供もできるようになってまいりまし

た。そして何よりも一緒に活動してくださる仲間が増え
ました。ボードゲームのファシリテーターもまもなく
400人を超える勢いです(
ちなみに私は34番)。
当社は、引き続きSDGsを中心とした施策を展開していく
所存です。

<新規テーマ>
1.「かもしれない力」の展開
 ①メソッド再構築
 ②「ジャン=ピエールのKimidori相談会」の開催
  (YouTube、Clubhouseでの活動)

<継続テーマ>
1.SDGs関係(強化)
 (1)ボードゲーム
  ①中学・高校・大学での講座開催
  ②探究学習、PBL(課題解決型授業)への展開
  ③企業への展開
   →新入社員研修、インターンシップ、組合員教育等
  ④ファシリテーター認定講座開催

(2)未来検定SDGs編
 ①高校を中心とした受検の促進
 ②関連教材の提供

2.電子書籍(強化)
 ①「電子書籍」出版ノウハウ講座
 ②出版コンサル

3.オンライン講座
 ①サブスクで提供できる仕組みの構築
    →自社だけでなく、パートナーの講座とともに
 ②学生向けメニューの充実
   →SDGsや就活講座から開始。
     SDGsなどは社会人リカレント教育への展開を

4.既存講座の改善と拡充
 ①「問題解決型授業(PBL)」
 ②「作文・小論文の書き方」
    →オリジナルメソッドの展開

5.夢の実現
 ①カレーパン専門店「カレーパン.JP」開店へカウントダウン

今から楽しみです。
ご興味のあるものがございましたら、お声掛けください。
一緒に作り上げていけたらと思います。

これからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

  • メールマガジンのご案内
  • 子育て・起業・就活に役立つ情報を
  • 講座・セミナーのご案内
  • E-Z-ON主催の講座・セミナーのご案内です
  • おすすめ商品
  • といふだキッズカードや適性診断アセスメント等、あなたもお子様も輝くアイテム勢揃い!
  • ブログ
  • E-Z-ON株式会社代表のblogはこちらから

おしらせ

what's new

未来検定 SDGs編 知ってますか?
category:おしらせ

・期間中 何度でも受けられるから緊張なく受検できた
・何回もトライできるので、受検しながら学びが深まった
・コロナ禍でもオンラインで受検できて助かった
・履歴書に取組んだ資格として書いたら注目された
SHIP※が監修していて、しっかりした内容だった


これは、
未来技術推進検定 SDGs編」を受検した
会社員、教員、高校生、中学生からの声の一部です。

本検定は、私が上級認定ファシリテーターを務める、
「SDGsボードゲーム」を制作した未来技術推進協会が
主催する、SHIP監修のSDGsの検定です。

本検定に合格すると

・SDGsに関する一般的な知識を持ち、身の回りの
 社会とのつながりを考えることができる
・SDGsに関連する世界の課題とその解決事例を、
 17の目標に紐づけて理解できる
・日本におけるSDGsの取り組みと達成状況を理解
 できる


など、SDGsをしっかり学びたい人はもちろん、
SDGsってどんなものかな、ちょっと知りたいなぁ、
と思っている、あなたにもぴったりの検定です。
こちらから、ちょっと覗いてみてください (^_^)

https://future-tech-association.org/sdgscert/


SHIP=SDGs Holistic Innovation Platform

 Japan Innovation Network(JIN)と国連開発計画
(UNDP)が共同運営する、SDGsの達成をイノベー
 ションの機会として捉え、世界中の課題の解決を
 企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベー
 ション・プラットフォームです。


新たに5名のファシリテーターが誕生!
category:おしらせ

SDGsボードゲームのファシリテーター認定講座
を実施し、5名のファシリテーターが誕生しました!

参加者は、神奈川県の白鵬女子高校の先生をはじめ、
旅行代理店の代表、研修講師など様々で、今後、
それぞれのフィールドで広めていきたいとの意気込み
をいただきました(*^-^*)

また、ボードゲームの展開とともに、5月から
開始する協会主催の未来技術推進検定 SDGs編
の受検や告知にもご協力をくださるとのことで、
活動へ心強いメンバーを迎えることが出来ました。
皆さん、よろしくお願いします。

本日は創立記念日
category:おしらせ

おかげさまで当社は7年目までコマを進めることができ、
今日から8年目がはじまります。

昨年は、新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言
が発出され、学校や企業からの研修中止が相次ぎ、ほぼ
仕事がゼロに・・・。
相当、冷や汗をかきましたが、皆さまに支えていただき、
何とか年度末には、売上げも対前年比増となりました。

この場をお借りして、あらためて御礼申し上げます。

ということで、ようやく創立年数も2ケタが見えてきま
した。これからも質の高い教育を、ひとりでも多くの
方々に、お届けしたいと思っております。

さて、今後ですが、昨対比増益になったとはいえ、1月
に発出された2度目の緊急事態宣言でも、やはり学校から
のキャンセルがあり、まだまだ予断を許さない状況に
あります。

そこで、あらたなチャレンジをしていきたいと思います。
これからを乗り越えるには、今までどおりのことだけでは
加速が足りないだろうと考えております。

そこで、新規の取り組みとして以前から考えていた
「かもしれない力」の展開を進めてまいります。

人が幸せを感じるのは、幸せの真っ只中よりも、実は、
おみくじ で大吉が出た時などの
「これから幸せがやってくる(かもしれない)」
という予感にひたっている時の方が多いのではないか?
そんなところから、この構想は始まりました。

実際の幸せを運んでくるのは「自分」と「他者」、
そして「神様」です。
「自分」が理想の未来を描き、「他者」とのご縁を深める
ことで、「神様」がちょっぴり力を貸してくれる。
『かもしれない力』を通して、相談者が理想の未来を描く
きっかけをつくっていくのがこの企画
です。

一昨年前から力を入れているSDGsのボードゲームは、
コロナ禍でリアル開催を控えていたのですが、この一年
でオンラインでの提供もできるようになってまいりまし

た。そして何よりも一緒に活動してくださる仲間が増え
ました。ボードゲームのファシリテーターもまもなく
400人を超える勢いです(
ちなみに私は34番)。
当社は、引き続きSDGsを中心とした施策を展開していく
所存です。

<新規テーマ>
1.「かもしれない力」の展開
 ①メソッド再構築
 ②「ジャン=ピエールのKimidori相談会」の開催
  (YouTube、Clubhouseでの活動)

<継続テーマ>
1.SDGs関係(強化)
 (1)ボードゲーム
  ①中学・高校・大学での講座開催
  ②探究学習、PBL(課題解決型授業)への展開
  ③企業への展開
   →新入社員研修、インターンシップ、組合員教育等
  ④ファシリテーター認定講座開催

(2)未来検定SDGs編
 ①高校を中心とした受検の促進
 ②関連教材の提供

2.電子書籍(強化)
 ①「電子書籍」出版ノウハウ講座
 ②出版コンサル

3.オンライン講座
 ①サブスクで提供できる仕組みの構築
    →自社だけでなく、パートナーの講座とともに
 ②学生向けメニューの充実
   →SDGsや就活講座から開始。
     SDGsなどは社会人リカレント教育への展開を

4.既存講座の改善と拡充
 ①「問題解決型授業(PBL)」
 ②「作文・小論文の書き方」
    →オリジナルメソッドの展開

5.夢の実現
 ①カレーパン専門店「カレーパン.JP」開店へカウントダウン

今から楽しみです。
ご興味のあるものがございましたら、お声掛けください。
一緒に作り上げていけたらと思います。

これからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

高校にも広がるSDGs
category:おしらせ

本日、東京にある「白梅学園高等学校」の先生方に、
SDGsボードゲームのファシリテーター認定講座
を実施し、あらたに2名のファシリテーターが誕生
しました。
 
「昨年10月に未来検定SDGs編の受検機会をいた
だいた際には、校内の認知度はまだ低めでしたが、
現在は、本校の生徒間教員間にSDGsが浸透して
いるところです。初の高校大会イベント実施を
目標に校内での活動を前進していきたいと思い
ます。」
との意気込みもいただきました!

4月からは「第3回未来検定SDGs編」の募集が
始まります。

 
また、ボードゲームファシリテーター認定講座も
4月15日(木)東京都内リアル会場(四ツ谷予定)
4月24日(土)オンライン
で開催しますので、ご興味のある方は問い合わせ
フォームからご連絡ください。

コロナ禍で再注目のSDGsの検定募集開始!
category:ブログ

昨年から開始したSDGsの検定の第2回受検者募集が始まり
ました。
 
前回、ご質問の多かった、受検のメリットについて、
高校生、大学生、社会人、企業の方、学校関係者の方、
それぞれへのメッセージを記載した、ページ を作成し
ました(リンク先、下記内容一例記載)。
https://ftacert.future-tech-association.org/
 
個人での受検はリンクから、団体(5名以上)での受検は
当社にご連絡いただけたらと存じます。
 
また、販売代理店も募集していますので、お気軽にお声がけ
ください。
問合せ先:http://e-z-on.jp/?p=181

<企業の方へ>
2020年7に実施された東京商工リサーチの調査によると、
ウィズ(アフター)コロナを見据え、「企業戦略を見直す」と
答えた企業は71%で、見直す内容の68.7%が「持続可能を重視
した経営への転換」でした。
「持続可能な社会の実現」を提唱するSDGsへの取り組みは、
自社の事業をチェックし、見直すための重要な指標となるため、
リスクヘッジはもちろん、社会の課題解決によるビジネス
チャンスの創造や企業価値の向上による優秀な人材の採用、
ESG投資家による資金調達にも繋がるものと言えます。
本検定はSDGsを理解するとともに、その理解度を客観的に
評価できるものとして、会社の発展にご活用いただたらと
思います。


2021年 新年のご挨拶
category:ブログ

新年あけましておめでとうございます。

昨年は弊社だけでなく、世の中全体も、激動の1年
でしたが、現状を受け止めつつ、その中でどのように
進んでいくかが、何よりも大切なことだと感じました。

今年は初心にかえって、自分の気持ちに従い、
純粋に前に進んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

SDGsボードゲームat青山学院中等部
category:おしらせ

先月の都立高校(記事はこちら)に続き、本日は、青山学院中等部
1年生に、8名の公認ファシリテーターとともに、SDGsボードゲーム
を実施しました。

学校行事の中止が続く中、生徒たちには学びに加えて、気分をリフレッ
シュする機会になったようで、皆さん笑顔でいっぱいでした(*^_^*)

ボードゲーム終了後、

「目標を達成するには協力が大切だと思った」
「自己成長ばかりしていたら、目標達成が遅れた」
「国策や運に頼っていたらいけないと感じた」
「環境に集中し過ぎて、社会問題が疎かになった」
「とにかく楽しかった‼︎」

と言った感想が出ました。

短い時間の中でも、大切なことが伝わるボードゲームをこれからも
どんどん広げていきたいと思います。

あの櫻井秀勲先生に「運命訓」をいただきました
category:おしらせ

200冊を超える著書を持つ作家であり、きずな出版社の社長でもある、
櫻井 秀勲先生から「運命訓」をいただきました。

櫻井先生は、31歳で「女性自身」の発行部数147万部を打ち立てた伝説の
編集長であり、川端康成や三島由紀夫、松本清張とも親交の深かった方です。
また、現在89歳の先生は、82歳できずな出版を立ち上げたエネルギッシュ
なパワーの持ち主であり、50年以上独自に研究を重ねながら、占い・運命学
を活用されている「運命実践家」。
私が「先生」と呼ぶ、現在唯一の存在でもあります。

「運命訓」は、先生が私のことをイメージしながら書いてくださったそうで、
本当にありがたく、またうれしいお言葉で、心に響きました。

「周りに多くの人を集める」

あらためて、私に大切なことだと感じています。
コロナ禍で「周りに多くの人を集める」状況があまり作れておらず、もどか
しさを感じましたが、同時に、以前知人から「普通、人が沢山いる場所では、
1人の人間の存在感は薄くなるんだけど、野末さんは人が沢山いるほど目立っ
て見える」
と言われたことを思いだしました。

「運命訓」のとおり、私は多くの人達の中にいる方が、より輝けるのかも
しれないということをあらためて噛みしめました。

今は我慢の時期なのかもしれませんが、それでも実行できるものを見つけて
取り組んでいこうと思います。

「運命訓」は額に入れて、部屋に掲げました。毎朝これを見てパワーを充電
しますので、お会いした方々にもパワーをお分けできたらうれしいです\(^-^)/



SDGsボードゲームat八王子の都立高校
category:ブログ

本日は八王子にある都立高校にて、1年生を対象にSDGsボードゲームを
実施
しました。

先週、「SDGsの基礎知識」を学年全体に向け行い、本日は50分授業2コマ
にてボードゲームの体験をしました。生徒たち皆さんには

「おもしろかった!」
「SDGsいいね〜」
「ピコ太郎もPPAPでSDGsやってたんだね」

など楽しんでいただけました。
振り返りの時間では、

「エコバッグ使おう!」
「お腹の空いている時は買い物にいかない方がいいってお母さんに言おう」
「スクラブ入り洗顔料は控えよう」

など「自分ゴト」に置き換えてくれる意見が出て素晴らしいなぁと
思いました。

これからも、学校や企業でボードゲームを広めていきたいので、
「やってみた〜い!」という方は、気軽にお声がけください\( ˆoˆ )/

第8期突入!!
category:おしらせ

昨日、なんとか無事に第7期が終了し、
本日、2020年10月1日より第8期が始まります!
 
3月に新型コロナウィルス蔓延の影響で、急遽全国の学校が
休校になり、また緊急事態宣言により、企業の新入社員研修も
ほぼ中止ということで、3月から7月までの売上は約60%ダウン。
一番ひどい月は95%ダウン
という、もうわけの分からない状況
の中、何とか今期を終えることが出来ました。

しかも年間でみると、昨年よりもほんの少しですが、
売上がアップしていました!!
ほんと奇跡!!

これも応援いただいております皆様のおかげと
心より感謝申し上げます。

今年は経験者採用の面接官や若手研修など、企業向けの仕事が
少し多めだったかなと思います。
とはいえ、コロナ問題が起きるまでは、高校の授業も順調で、
仕事も増えてきていたので、今後はSDGsをキーワードにして、
さらに深く、そしてより大きく広げていきたい
と思います。

ということで、今年も仕事の振り返り。
主なものを書き出してみました。
 
<高校>
青森、秋田、新潟、栃木、群馬、茨城、東京、神奈川の延べ42校
 ◆マップ手法で起業アイデアを出す
 ◆就職ガイダンス
 ◆面接マナー講座
 ◆履歴書・自己PR・志望動機の書き方
 ◆小論文の書き方
 ◆模擬面接・面接指導
 ◆逆算思考で進路を考える
 ◆なりたい自分になる魔法の質問
 ◆探求学習授業
 ◆SDGsの基礎知識
 

<大学>
 ◆模擬面接指導
 ◆キャリアカウンセリング
 ◆アセスメント説明会(結果の見方、活かし方)
 
<企業>
 ◆新入社員研修(入社時のマナー・心構え)
 ◆新人フォロー研修(プロの仕事とは)
 ◆経験者採用面接官
 ◆就活イベント(合同企業説明会)
  オープニング講座、ES指導
  面接・グループディスカッション指導
 
<その他>
 ◆SDGsボードゲーム体験会
 ◆SDGsの検定事業アドバイス
 ◆持続化給付金アドバイス
 ◆魔法の質問カードマスター講座
 ◆オンライングループディスカッション

<資格取得・メディア出演等>
 ◆SDGsボードゲーム上級ファシリテーター
 ◆魔法のスイッチトレーナー
 ◆魔法のスイッチ執筆協力(マツダミヒロ著:きずな出版)
 ◆ラジオ出演(fm GIG「佐藤 みふゆのHappy World」)
 
 
第8期は、「八」の末広がりということで、どんどん裾野を
広げていくような事業展開をしていきたいと考えています。
そのためにも、未来を支える指標の一つであり、人類の道標
ともいえる「SDGs」を中心とした講座や検定など、マス
にも遡及できるような取り組みをしていく予定です。

まあ、黄緑のSDGsバカと言われるくらいが丁度いいと
思えるくらいに熱中していけたら幸せかな(^-^)

ぜひ、これからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

     2020年10月1日 E-Z-ON株式会社 野末 岳宏

あなたの欲しい輝きはどれですか?

  • キラキラ子育て
  • イキイキ就活
  • ワクワク起業