JPの徒然なる“まま”に

blog

マック鈴木さんに学ぶ
category:おしらせ

マック赤坂さんではありません(笑)
メジャーリーガーのマック鈴木(鈴木誠)さんです。

講演会でお話を聞いたのですが、
彼の破天荒な人生
しかし、目標に向けた緻密な計画性
米国メジャー球団と日本のプロ野球球団の
組織の違い、年金の違い
などを知ることができました。

彼の話によると、野球を通じて「準備」がいかに
大切であるかを学んだと。

彼は野球の特待生で入学した高校で、他校との
ケンカを起こし9ヶ月で退学。
父親の独断でアメリカのメジャーリーグ(1A)の
洗濯、雑用係として単身渡米させられました。
そう、野球選手としてではなく、、、です。

5ヶ月間洗濯係として働いた最後の最後、
当時1Aリーグのオーナーだったダン野村氏から
ピッチャーで出ろという話が然降って湧き
そのチャンスを掴んで結果、メジャーの
シアトルマリナーズに入団が決まったそうです。

彼は必ずこの日が来ると、いつかくるその日のために
「準備」をしていました。

洗濯をしながら、毎日、チームのメンバーと
キャッチボールやバッティングピッチャーを
おこない、体が錆びない努力をしていました。

なので、突然の話に臆することなく臨むことができ、
完璧なピッチングで結果を残すことが出来ました。

そして彼は日本の球団を経ることなく直接、
メジャーリーグの投手となるのです。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
彼に声をかけたダン野村氏は、トルネードで
メジャーに名を残した野茂投手をメジャーに
導いたエージェントです。

つまり、マック鈴木さんがいなければ
野茂選手もイチロー選手も
メジャーにいないかもしれません。

「準備」は大事。

そのことでもう一つ話がありました。
アメリカはスポーツへの制度は手厚く、
49日間メジャーリーグに在籍すると200万円、
10年メジャーリーガーにいると2000万円の
年金がもらえるそうです。
マック鈴木さんは4年間いたので、55歳から
700万円ほどもらえる予定で、万が一のことが
あっても、遺族にその金額が払われ続ける
仕組みなんですって。すごいですね。

日本のプロ野球では辞めたら終わり。
その後の保証はないということだとか。

なので、日本のプロ野球選手がメジャーを目指す
理由のひとつはこの年金があると言われています。

引退後を考えての、また、人生100年といわれる
未来に向けた「準備」が大切だという話でした。

ちなみに、「目標」の大切さは父親から学んだこと。
彼が単に友だちがやっているから「野球をやりたい」と
両親にお願いをしたところ、エンジニアであった
父親が「やってもいいが目標を決めろ」という
条件を出してきたからだとか。
その時は勢いで「チームで一番になる」と
言ってしまったらしいのですが、父親からの問いかけは
更に続き
「一番になるには何をする?」→「毎日練習をする」
「どれくらい練習をする?」→「人の倍がんばる」
「がんばるってどういうこと?」→「毎日2時間はやる」
といった問答を繰り返し、そのとおりに練習を続けた
そうです。
その結果、本当に一番になりました。

そのことを振り返りながら、
「なんとなくで始めていたら野球が人生を大きく変える
ことはなかったと思う」
とおっしゃっていました。

「ただ、理屈っぽくもなりましたけどね」と
笑顔で話すマック鈴木さんは、本当に素敵だと
思いました。

他にも、なぜ『英語野球教室』をしているのか、
『知識がなく人任せにすると損をする』という
お話もありましたが、またの機会に。

  • メールマガジンのご案内
  • 子育て・起業・就活に役立つ情報を
  • 講座・セミナーのご案内
  • E-Z-ON主催の講座・セミナーのご案内です
  • おすすめ商品
  • といふだキッズカードや適性診断アセスメント等、あなたもお子様も輝くアイテム勢揃い!
  • ブログ
  • E-Z-ON株式会社代表のblogはこちらから

おしらせ

what's new

謹賀新年2019
category:おしらせ

【謹賀新年】

新年あけましておめでとうございます。
E-Z-ON代表の野末です。

旧年中は大変お世話になりました。
今年はコラム的なお話で、始めさせていただきたいと思います。

新年の楽しみのひとつだった年賀状ですが、インターネットの
普及や企業の虚礼廃止の流れから、年々減っていき、発行数で
は、ピーク時の2004年用が44億5936万枚に対し、15年連続で
減少した結果、2019年用は24億0021万枚と、半分ほどになって
いるとか。

そんな、年賀状の冒頭に用いられる賀詞(お祝いの言葉)には、
『謹賀新年』や『迎春』など、色々な表現がありますが、文字
数により、送る相手が異なることをご存知でしょうか?
恥ずかしながら私はいままで、そんなに気にせずに送っていま
した。

『謹賀新年』や『恭賀新年』など4文字は『謹んで(恭しく)、
新年の喜びを申しあげる』という意味で、「目下から目上の人
へ」使う丁寧な表現ですが、『賀正』『迎春』『寿』など2文字
や1文字は、単に『正月や新春を迎える』ということなので、
「目上から目下の人へ」使う言葉だそうです。

会社の上司や年上の親戚に対して、今まで結構マナー違反を
していたんだと反省です。
今年は、事業や仕事の目標とともに、こういった知識や教養を
少しでもたくさん身につけていき、こちらでもご紹介していき
たいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

終わりは始まり
category:おしらせ


まもなく、平成最後の大晦日が終わろうとしています。

「始めあり終りあるはこれ世の常の理」

という弘法大師の言葉がありますが、

「全ての事において、始めがあれば終わりがある。
 これはこの世の常で当たり前の事。」

という意味です。

1989年1月7日、小渕官房長官(当時)が、新元号を伝えた、
あの瞬間から、今日がくることは決まっていたというわけ
ですが、T・S・エリオット(イギリスの詩人、劇作家)の
言葉にあるように、

「終止符を打つということは、新たな始まりでもある。」

という見かたもあります。

どちらも、なるほどと思えますが、アイヴィー・ベーカー
・プリースト(アメリカの女性政治家、会計士。アイゼン
ハワー時の財務官)の

「世界(地球)は丸い。『終わり』に見える場所は
 また『始まり』に過ぎないかもしれない。」

という言葉は、両者を端的に表現しているように感じます。

明日から新年が始まります。
何が変わるわけではないようで、何かが変わる予感のする日。
今日はまさにそれを体感出来る日だと思います。

本年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年のPBLが掲載されました!
category:おしらせ


今年も日経BPヒット総合研究所が企画する「PBL」のファシリ
テーターとして、13案件中の4案件を担当させていただき
ました。

PBL(Project-Based Learning)は、身近な問題や事例を
素材としながら、企業の掲げる具体的な問題解決に向けて
チーム学習を行っていくプログラム。

学生は主体的に行動し、解決案を提案するとともに、発見や
気づきの機会を得ることができます。

 ※PBLプログラムの詳細はコチラ→http://e-z-on.jp/?p=2202

本企画は2014年から実施されており、初年度からずっと、
リピートをいただいております。
何よりも嬉しいのは、企業様だけでなく大学様からも「今年
も野末さんでお願いします」とおっしゃっていただいている
ことです。

今年は以下の4案件でした。

〈ノバルティス ファーマ株式会社様×早稲田大学様〉
 テーマ『“人生100年時代”の製薬会社の取り組みと役割を考える』

〈ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社様×法政大学様〉
 テーマ『心房細動を早期発見!脳梗塞から患者さんを救え!』

〈三井レジデンシャルリース株式会社様×法政大学〉
 テーマ『2030年のすまいとくらしを創造しよう!』

〈三菱マテリアル株式会社様×東京農工大学様〉
 テーマ『自然素材×非鉄素材=未来につながる都市づくり』

 ※詳細は「日経WOMAN別冊 女子高生のための大学進学バイブル」
  (2019年1月12日発行:全国書店にて発売)に掲載されています。

PBLは参加を通して、より深く企業や業界のことを学ぶことが
できるため、1日~5日間のインターンシップのカリキュラム
として、PBLをご活用いただいている企業様も多数ございます。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

 

本年の夏のPBLも無事完了!
category:おしらせ

毎年、お手伝いをさせていただいている日経BP主催のPBL。

本企画の立ち上げ時から5年、毎年ファシリテーターを
つとめさせていただいております。

今年は東京・大阪あわせて13プログラムある中、
4プログラムを担当させていただきました。

PBL(Project-Based Learning)とは、身近な問題や事例を
素材としながら、具体的な問題解決に向けてチーム学習を行って
いく、基本1ヶ月~1か月半をかけて行うプログラム。

PBLは学生と企業、それぞれに価値を提供しています。
学生にとっては、問題解決の面白さはもちろん、自分の中
にある知識・経験をどのように活かすのかを学ぶとともに、
達成感と自信、そしてチームで成し遂げる難しさや素晴らしさ
を得ることができます。

企業様にとっては自社・業界・仕事を深く理解いただける
だけでなく、社員の温かさや企業の雰囲気を感じてもらう
ことができる魅力があります。
実際に、PBLがきっかけでその会社に就職した学生もいる
とのこと。

今年は以下のプログラムのカリキュラムとファシリテーターを担当
いたしましたが、どれも社会人にはない発想で、発表を受けた役員
の方々からも好評価をいただきました。

<ジョンソン・エンド・ジョンソン様 × 法政大学様>
 テーマ:自覚症状が少ない患者さんに、いかに病気を知ってもらえるか?
     ~気づかないうちに“脳梗塞”になる病気を治療するために~

<三井不動産レジデンシャルリース様 × 法政大学様>
 テーマ:「2030年のすまいとくらしを創造しよう!」
     ~賃貸マンションやAI等を活用した、より魅力的な暮らし・サービス~

<ノバルティス ファーマ様 × 早稲田大学様>
 テーマ:「人生100年時代」 に、製薬会社が貢献できる 取り組みと役割を
     自由な発想で考えよう!

<三菱マテリアル様 × 東京農工大学様>
 テーマ:自然素材 × 非鉄素材 = 未来につながる都市づくり
     ~ 環境に優しいサステナブル社会として5年後、10年後も
       都市が発展し続けるために ~
 

なお、本プログラムで実施されたPBLは、日経ウーマン別冊
『女子高生のための大学進学バイブル』で「有名大学が参加する
就職力が身に付くPBL」(仮)という特集として掲載されます。
その他、各社のホームページやFacebookページにて掲載予定です。

この冊子は、女子高校生のハッピーキャリアを実現するための
情報誌で、最新のアクティブラーニングで奮闘する先輩達の姿を
のぞくことができる誌面になっています。
本年分も11月ごろ書店に並ぶ予定です。
(写真は2017年2月17日発行の冊子。私の担当したPBLも5つ
掲載されています)

創立5年目に入りました。今年は大飛躍します!
category:ブログ

創立記念日の今日、ついに当社は5年目に突入しました。

代表の私が、退職・独立してからは5年半が経ちます。

こうして成長し、事業を続けてこられたのも、
私を見守ってくださる神様、ご先祖様、
私を支えてくれる家族、そして、
いつも私を応援してくださる皆さま方のおかげと
心から感謝しております。

本当にありがとうございます。

今年はとにかく新しいことをどんどん推し進めますので、

今までにない大飛躍の年になること間違いありません。

そう確信できるだけの仲間とリソースが、
実はこの4月中には揃う見込みが立っています。

どんなことを考えているかと言いますと、

1.著書出版
①子育てが変わる!“まま”が輝く30の質問(パパママ)
②働き方が変わる!“上司”が輝く30の質問(イクボス)

2.新講座(一般向け)
①「氏名に隠された自分の使命を見つける」
②「1点集中!覚悟の決め方」
③「株から仮想通貨まで~豊かに生きるお金の話」

3.新講座(企業向け)
①「新入社員研修総まとめ<行動宣言>」
②「必ず成果が上がる!~やるべき『1つ』を見つける~」

4.既存講座の改善と拡充
①「問題解決型授業(PBL)」
②「作文・小論文の書き方」

5.経費削減コンサル
①格安SIM
②格安コピー機

6.夢の実現
①カレーパン専門店「カレーパン.JP」開店へカウントダウン

といったものです。
いくつ実現できるか、今から楽しみです。

これからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

2018年4月2日 E-Z-ON株式会社 野末 岳宏

クラウドファンディングとは何か?
category:おしらせ

お笑いコンビ キングコング 西野亮廣氏の話を聞いてきました。
この講演での大きなテーマは「夢を閉ざすものはお金と広告」。

「日本人はお金について学んでいない。それは、海に出るのに
 泳ぎ方を教えてもらっていないのと同じ」

というところから始まりました。
そして、事業を始めるにあたってお金を集めなければならないの
ですが、では、どのようにして集めるか?

そのひとつの例として、彼が脚本&監督をつとめ、完全分業制で
制作した絵本『えんとつ町のプペル』の話になりました。
長くなるので詳細は割愛しますが、最終的に彼は資金を集めるために
クラウドファンディングを使いました。

このクラウドファンディングに関する彼の説明が秀逸だったと
感じたので、ご紹介したいと思います。

クラウドファンディングを成功させるには、
まず「お金とは何か?」
を知っていないとうまくいかないとのこと。

皆さんは何だと思いますか?

彼の答えは

「お金とは信用である」

でした。

続けて彼は、
「多くの人はクラウドファンディングを、お金を集める『集金装置』だと
 思っているが、実はそうではない。」

「クラウドファンディングとは、信用をお金に両替する『両替装置』である。
 それを勘違いしてお金を集めようとすると必ず失敗する。」

「その証拠に、ただの『集金装置』なら有名人がやればすぐにお金が
 集まるはず。しかし、実際には失敗している芸能人も多い。」

と。

確かに芸能人もクラウドファンディングをしていますが、思った以上に
集まらないという話を良く聞きます。
私も以前、ある有名漫画家と有名企業のコラボという知名度では充分に
大丈夫と思えるクラウドファンディングに参加したのですが、目標の
数字に達せず、企画が流れてしまったことがありました。

さらに彼は
「ホームレスの小谷くんを知っていますか?彼はお笑い芸人を辞めて
 ホームレスをやってるんですが、彼はお金の本質を良く知っている。」

小谷はお金を持ってはいないが、お金に困ってもいない。ここ重要。」

「小谷は自分の一日を50円で売っている。頼まれれば、鬼ごっこの鬼が
 足りないからと、名古屋までヒッチハイクで行って50円で鬼になる。」

「他にも50円で一日中草むしりでもする。依頼主がその一生懸命さに
 申し訳ないと昼食、夜食、飲み代までご馳走してくれる。そして
 さらに『ありがとう』と感謝の言葉まで言ってくれる。」

「小谷はお金を稼いでいないが、信用を稼いでいる。
 今は信用をお金に変えることができる時代。
 クラウドファンディングはその例である。」

「だからホームレスの彼が結婚式を挙げる時、奥さんのためにちゃんと
 した式場でやってあげたいと、クラウドファンディングしたら、
 特に有名でもない小谷に、一週間もしないで250万円も集まった。」

とまあ、マシンガントーク炸裂で一気に説明してくれました。

そして、最後に
小谷は言うなれば現代の錬金術師。利他的に動く人が信用を稼ぐ。
 信用を稼ぐことで、お金に両替できる。

と話していました。

さて、あなたは
「お金を稼ぐ人」になりますか?
それとも
「信用を稼ぐ人」になりますか?

そう問われている気がしました。

 

他にも、AIに仕事が奪われるというが、それなら新しい仕事をつくるべき
という話で、彼が始めたシルシー書店(シルシーとは線やマーカーなど印を
つけられた本。今までは傷本として価値は0円だったが、例えばイチローが
つけた下線なら、どんなところに引いてあるのか興味がわく。こういった
本を扱う書店)や飲食無料の飲食店(スナック)の話など、実に興味深い話
ばかりで何時間でも聴いていたいと思いました。

ちなみに、今回の話の詳細は彼の著書
「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」
に載ってるとか(笑)

番宣も忘れない西野氏に、本当にお金の価値を知っていると、
ただ感心する私でした(*^_^*)

墨田区の小学3年生に
category:ブログ

お雛祭りの本日は、昨年に引き続き墨田区で
「なりたい自分になる魔法の質問」の授業。

今回は小学3年生!
私がメイン講師をやる予定でしたが、諸般の事情
により、急遽サポートを任されることに。

公開授業で保護者の方が見学していたこともあり
写真は控えたため、私は写っていません(笑)

私、子どもが大好きなんですが、そのせいか
子どもには大人気で、すっごく懐いてくれます。
特に女の子が。

ある意味、若い女性から引く手数多ですが(^_^;)
なんとなく微妙(笑)

でも、楽しかった。
今度はメイン講師で、また行きたいです。

謹賀新年
category:ブログ

新年あけましておめでとうございます

E-Z-ON代表の野末です。

今年は

「私自身と事業と利益を加速して一気に伸ばす」

そんな年になります。
直感ですが、きっとなります。

経営者として直感とは何事?と感じられる方も
おられるかと思いますが、今までの私は、
人事という前職の経験から慎重になり過ぎて、
多くのチャンスを逃していたと考えております。

昨年、今後について検討しようと思い、
もっと野末を、もっとE-Z-ONを良くして
いくにはどうしたらよいかを皆さまに聞いて
みたところ、
「押えているものを放出して本来の野末でやってみたら」
というご意見をたくさんの方からいただきました。

そこで、
今まで抑えていた直感や感情を前に押し出して、
私の大切にしている熱い思いを込めて、

本来の私に戻って、

この一年を突っ走っていく所存です。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

墨田区の中学1年生に
category:ブログ

王貞治さんやアントニオ猪木さんが卒業したという
墨田区の中学1年生にボランティアで

「なりたい自分になる魔法の質問」

の授業*\(^o^)/*

今回はメイン講師ではなくサポーターとして、
グループのテーブルを回りファシリテートしてきました。

中1ってまだ小学生気分が残っているせいか、
ノリも良くやたら賑やかで楽しい!

魔法の質問の授業は、講師が質問をして生徒が
その答えを紙に書いて、グループ内でお互いに
伝え合うという方法で進めます。

ルールは3つ
1.どんな答えもすべて正解
2.答えは出なくてもOK
3.他の人の答えは「そうだよね」と受けとめる

後半戦「何でも叶うとしたら何を叶えたい?」
という質問に
「お金持ち」「世界征服」「ドラえもん欲しい」など(*^_^*)

その答えに私はシツモンで答えるのですが、例えば、
「お金持ち」になったら何をしたい?
「世界征服」出来たら何をしたい?
です。

こえが意外と答えられないんですよね。
ちなみに「世界征服」と書いた生徒は、あれもしたい
これもしたいと悩んでいましたが、最後に言った言葉は
「平和な世の中かな」と(*^_^*)

子どもの会話には、普段の会話でも大人がオヤッ?
と思う言葉が出てくることがありますが、大切なのは
言葉の先にある真実。

もし、オヤッ?と思う言葉でイライラしたり、
嫌な奴と思うことがあっても、言葉の先を
ちゃんと聞いてあげることで、見えなかったものが
見えてくると思います。

さて、授業ですが50分という短い時間では
ありましたが、みんな積極的に答えを書いたり
伝えあったりと、とても素敵な授業になりました( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに、「ドラえもん欲しい」に対する私のシツモンは
「ドラえもんが欲しいの?ドラえもんのポケットが欲しいの?」
です。

マック鈴木さんに学ぶ
category:おしらせ

マック赤坂さんではありません(笑)
メジャーリーガーのマック鈴木(鈴木誠)さんです。

講演会でお話を聞いたのですが、
彼の破天荒な人生
しかし、目標に向けた緻密な計画性
米国メジャー球団と日本のプロ野球球団の
組織の違い、年金の違い
などを知ることができました。

彼の話によると、野球を通じて「準備」がいかに
大切であるかを学んだと。

彼は野球の特待生で入学した高校で、他校との
ケンカを起こし9ヶ月で退学。
父親の独断でアメリカのメジャーリーグ(1A)の
洗濯、雑用係として単身渡米させられました。
そう、野球選手としてではなく、、、です。

5ヶ月間洗濯係として働いた最後の最後、
当時1Aリーグのオーナーだったダン野村氏から
ピッチャーで出ろという話が然降って湧き
そのチャンスを掴んで結果、メジャーの
シアトルマリナーズに入団が決まったそうです。

彼は必ずこの日が来ると、いつかくるその日のために
「準備」をしていました。

洗濯をしながら、毎日、チームのメンバーと
キャッチボールやバッティングピッチャーを
おこない、体が錆びない努力をしていました。

なので、突然の話に臆することなく臨むことができ、
完璧なピッチングで結果を残すことが出来ました。

そして彼は日本の球団を経ることなく直接、
メジャーリーグの投手となるのです。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
彼に声をかけたダン野村氏は、トルネードで
メジャーに名を残した野茂投手をメジャーに
導いたエージェントです。

つまり、マック鈴木さんがいなければ
野茂選手もイチロー選手も
メジャーにいないかもしれません。

「準備」は大事。

そのことでもう一つ話がありました。
アメリカはスポーツへの制度は手厚く、
49日間メジャーリーグに在籍すると200万円、
10年メジャーリーガーにいると2000万円の
年金がもらえるそうです。
マック鈴木さんは4年間いたので、55歳から
700万円ほどもらえる予定で、万が一のことが
あっても、遺族にその金額が払われ続ける
仕組みなんですって。すごいですね。

日本のプロ野球では辞めたら終わり。
その後の保証はないということだとか。

なので、日本のプロ野球選手がメジャーを目指す
理由のひとつはこの年金があると言われています。

引退後を考えての、また、人生100年といわれる
未来に向けた「準備」が大切だという話でした。

ちなみに、「目標」の大切さは父親から学んだこと。
彼が単に友だちがやっているから「野球をやりたい」と
両親にお願いをしたところ、エンジニアであった
父親が「やってもいいが目標を決めろ」という
条件を出してきたからだとか。
その時は勢いで「チームで一番になる」と
言ってしまったらしいのですが、父親からの問いかけは
更に続き
「一番になるには何をする?」→「毎日練習をする」
「どれくらい練習をする?」→「人の倍がんばる」
「がんばるってどういうこと?」→「毎日2時間はやる」
といった問答を繰り返し、そのとおりに練習を続けた
そうです。
その結果、本当に一番になりました。

そのことを振り返りながら、
「なんとなくで始めていたら野球が人生を大きく変える
ことはなかったと思う」
とおっしゃっていました。

「ただ、理屈っぽくもなりましたけどね」と
笑顔で話すマック鈴木さんは、本当に素敵だと
思いました。

他にも、なぜ『英語野球教室』をしているのか、
『知識がなく人任せにすると損をする』という
お話もありましたが、またの機会に。

あなたの欲しい輝きはどれですか?

  • キラキラ子育て
  • イキイキ就活
  • ワクワク起業